写真中毒のように、いつでもどこでもカメラと一緒♪ 使用カメラ・・・NikonD300・CanonG10・lomographyMeg・Minolta二眼レフなど


by toycameg

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
story
life
yoga
gourmet
nursing
others
未分類

メモ帳

お気に入りブログ

lean forward
一ノ瀬勇 ブログ
福岡のお菓子教室 Com...
   手島邸    te...
手島邸shingoの酔い...
カドやん、どないすんねん?
VERDURE DEC...
ボクフォト
What A Wonde...
SAMURAI
Flavored ...
ヌメルスって何ですか?
Amisな毎日
一見さんの福岡にっき
まょまぁの生活
kimcoa-blog
YUSUKE SEGUC...
一見さんの福岡にっき 2
sayumiのかくかくし...

最新のトラックバック

以前の記事

2011年 10月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

思ひ出のしまい方

みなさんは、どうしてますか??
思い出の品の整理。


マンション暮らしの実家は収納も狭く、
嫁ぐときに「持ってって」と言われた大量のアルバムもろもろ・・・。

いつかは整理しなくちゃと思って見ないフリしてきたもの。

ダンボールにして数箱。
写真の枚数にして何千枚。
幼、小、中、高、大の卒業アルバムや卒業証書。
有り難い事に親は生まれた日の新聞や連絡帳や日記帳、漢字帳
とかまで取っといてくれていた。

転勤族だったのに、よく取っててくれたなぁ
と思うから、結構モノを捨てるタイプの私でも
捨てきれずにいた。
加えて、自分で取っておいた友人との手紙!
授業中に回していたのまで取ってある。
でも、これってもし私の身に突然なにかあったら・・・。
誰が整理するんだろ。


思い出は宝物箱1つに納まるくらいで十分じゃなかろうか。
と、一大決心をした。

まずは古い写真をスキャンするぞ~~!!

c0181450_18451961.jpg


昔の、表紙も台紙も分厚いアルバムから写真を1枚1枚
はがすのに、指の肉と爪の間を痛めました・・・。
それでやる気が削げました。

1週間かけてやっと全部はがして・・・
どうでもいい写真(ピンボケがひどかったり、何枚も似たショットがあるもの)
を選別して思い切って捨て・・・
0歳や幼少期、小、中、各年代で区分・・・。

そしてスキャン。

c0181450_1851117.jpg


これは・・・。


1年がかりの作業になりそうです。
[PR]
# by toycameg | 2011-10-13 19:02 | life

灯台守の孤独

c0181450_11533035.jpg


More
[PR]
# by toycameg | 2011-09-20 12:05 | story

いのち

屋久島の「いなか浜」にて海がめの出産を見ました。

ハハ亀の出産は6月から7月下旬ですがラッキーなことに
8月上旬でも、遅めの出産の亀がいて
早く産んだ亀の子亀は孵化して海に帰る・・・
という両方のシーンに立ち会えました。

鳥や天敵から身を守るために出産も孵化もまだ暗い
4時とか5時早朝に行われます。

出産を終えたハハ亀は精も根も尽き果てた様子で
ゆっくりゆっくり何度も休みながら海に帰り

c0181450_1338573.jpg


孵化した子亀は足取りも軽く
誰に教わったわけでもないのに
方向も間違わず一目散に大海原へ。

c0181450_1339454.jpg


健気な姿に胸を打たれました。

感動的なシーンだったのに写真は普通でした・・・。
[PR]
# by toycameg | 2011-09-06 13:42 | life

光の雨

c0181450_1275195.jpg


8月上旬、念願だった屋久島に。
「月に35日雨が降る」と言われるこの島では
何度も虹に遭遇した。

小さい頃、虹の根元を見たくて
友達と虹を追って大冒険。
後のことも考えず走ったことを思い出した。
そのときは走っても走っても虹の根元にたどり着くことは
出来なかった。

屋久島の虹はかなり近い位置にあって
根元(海から生えているときもあった!)も見れたし
車でくぐる体験もしたし、2連の虹も見れて
お腹いっぱいになれた。

でも、撮影は難しい~・・・。
[PR]
# by toycameg | 2011-09-01 12:19 | story

my home, my life

c0181450_23185650.jpg


小さい頃から引越し続きの人生だったので
社会人になってからも、3年たつと家に飽き、引越ししたい衝動を
抑えられなくなったりした。

繊細な性格だった姉は引越しの度に泣いていたのを覚えてる。
けど、私は結構ドライに楽しんでいた気がする。

そんな私が多分その土地を一生離れられないであろう人と結婚して、
ずーっと同じ土地で生き続けるということができるのか??
それが一番不安だった。

けど今は一番この街が好きだと思う。
全てがちょうどいいと感じるこの土地に一生住めたら幸せと思う。
郷土愛とは無縁だと思っていたのに。。。

そんな愛する街や家がごっそり根こそぎ持っていかれたら・・・。
自分の街が消えてしまったら・・・。
人間の作ったもののせいで、住めないから出てけと言われたら・・・。
想像を絶する辛さだと思う。
[PR]
# by toycameg | 2011-05-21 23:20 | story